Skip to content

高齢者施設で備えることに意味があるプラズマ装置

プラズマ装置というものをご存知でしょうか。以前は大手家電メーカーが、エアコンや洗濯機に組み込んでいたもので一種の洗浄装置として駆動をしていたものです。日本では毎年3月になると、ヒノキとスギの花粉が数多く飛散をして、アレルギー症状を発症する方が大勢います。この症状を緩和させようと発明されたのが、プラズマ装置でした。

ところは現在は、新型コロナウイルスを消滅させられるマシンとして脚光を集めており、各社メーカーが協力をして製造をしているほどです。新型コロナウイルスは高齢者が感染すると、命を落とす危険性があるものです。日本は超高齢化社会となっており、全国各地に約40万件もの高齢者施設があります。ここではたびたびクラスターという集団感染が発生しており、非常に懸念をなされているわけです。

厚生労働省では2020年8月から、各福祉施設にプラズマ装置を導入することを推奨されるようになりました。1台あたり10万円もする高級な装置ですが、福祉施設であれば1台ではなく20台以上をまとめて発注をなさるでしょう。大量購入をすることで、1台あたりの単価を大幅に減らすことが可能です。また政府は特別給付金を支給しており、1台のプラズマ装置を購入するごとに最大で2万円の補助金を受け取ることが可能です。

高齢者の尊い命を救うためにも、積極的にプラズマ装置を設置して、毎日が安心できる住まいを提供することが施設運営者の使命です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です