Skip to content

プラズマ洗浄装置が基板洗浄で利用される理由

プラズマ洗浄装置は電子回路のプリント基板で利用されることが多くなっており、表面の汚れを取り去り美しい状態にすることができるばかりでなく、部品の接着効率を高めるためにも非常に役立っています。これはプラズマの様々な特性を効果的に利用することで、プリント基板に要求される様々な性質を向上させることに役立っており、品質を高める効果があるのも利用される理由です。従来のプリント基板の洗浄は専用の洗浄液を利用し、表面をワイヤーブラシでこすって傷をつけるといった作業が一般的でした。表面に傷をつける理由は表面積を増やし、接着効果を高めることにありますがこの作業は従来人手で行っていたため、作業者の熟練度に応じてその品質が変わるため高いレベルの品質向上を行うことが難しいと言う点が問題でした。

プラズマ洗浄装置はプラズマの性質を利用して、静電気を発生させ表面のほこりなどを除去するとともに、表面を適度に荒らす効果があるため、乾燥した状態で効率的に良好な状態を作り出すことができます。また電気的な性質を用いているために人手で作業を行う場合のようなムラが発生しにくく、製品の品質を高めることに役立っています。プラズマ洗浄装置は近年のように小型の電子機器が広く利用されるようになった現代では非常に効果的に利用されるものとなっており、その精度も非常に高いものとなっているのが特徴です。現在ではスマートフォンなども非常に高機能化していますが、その一端を担っているのがプラズマ洗浄装置です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です