Skip to content

居酒屋の経営を支えられるプラズマ洗浄装置

2020年5月以降、都心部だけでなく郊外にある飲食店ですら、時短営業を強制的にしなくてはいけなくなりました。今の時代は飲食店にとって大きな試練の時を迎えており、居酒屋に至っては1年で約900万件もの閉店を記録したほどです。この原因となったのが新型コロナウイルスであり、大きな声で不特定多数が酒を飲む居酒屋は感染拡大の温床だと名指しをされるに至りました。今後20年近くは今の生活スタイルを維持しないといけないので、該当する施設ではさまざまな模索をなされていることでしょう。

感染を予防するには、ウイルスの飛沫を阻止するのが大きな効果を発揮します。その効果を有しているのがプラズマ洗浄装置であり、大手家電メーカーでは業務用の装置を開発されています。居酒屋の経営を今後も円滑に維持したいという場合は、積極的にプラズマ洗浄装置導入すると良いでしょう。この装置の概要を簡単に見ていきます。

まず、プラズマ洗浄装置とは、陽電子と紫外線を同時の照射して、空気中のウイルスを滅菌することが可能です。洗浄装置は単体ではなく、何かしらの家電と組み合わさっているのが特徴です。居酒屋であれば食器洗浄機と一体型になっているものを導入すると良いでしょう。不特定多数が使用したコップや皿を投入して、電源を入れるだけで綺麗に抗菌をすることも可能です。

この機器を導入すれば来店客に安心と安全を届けられるので、円滑な経営を推し進めることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です