Skip to content

様々な効果を生むプラズマ装置

プラズマ装置は、プラズマクリーナーとも呼ばれる物です。気体に連続的なエネルギーを与えてプラズマ状態にして、表面処理を行います。プラズマ装置による処理によって、洗浄やアンカー効果、表面改質などの効果が生まれます。洗浄は、プラズマによって発生した荷電粒子を含むエネルギーが表面の汚染物質の結合を分解することで洗浄を行うことが可能です。

基板など、精密機器や医療機器の洗浄に用いられることが多いです。アンカー効果とは、表面の密着性を高める効果のことを表します。基板の表面をプラズマ装置で処理することで、素材同士を密着させることが可能です。表面改質は、素材の性質に新たな性質を加えることで、プラズマ装置によって得られるものの一つとなります。

様々な分野に使われているので、人知れずこれが関わった製品を利用しています。いわば、縁の下の力持ち的な存在です。製造するメーカーも多く、価格帯や性能も広いので、用途に応じてふさわしい製品を選ぶのがコツとなります。単に価格の高低で選ぶと失敗するので、比較は慎重に行うべきです。

プラズマ化させる気体の種類によって、得られる効果も変わります。酸素であれば親水性の向上、フッ素であれば撥水性を生むといったのが一例です。大枠で真空プラズマ、大気圧プラズマという分類もありますが、真空プラズマはさらにマイクロ波と高周波のタイプに分かれており、それぞれ適した用途が異なるので、目的に応じて導入しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です