Skip to content

プラズマ装置を導入して快適な生活を維持

多くの方が今の生活に対して、大きな不便を感じると述べられています。現在の生活では24時間外出をする時にマスクを着用し、消毒を欠かせないというスタイルとなりました。すべては2020年2月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの影響です。高い感染力を持ち、高齢者なら命を落とす危険性もはらんでいる新型ウイルスです。

今もなお明確な治療法がないことから、われわれにできることは如何にして感染を免れるのかということでしょう。新生活の中でマスクが手放せないのは大変な苦労ですが、自宅の中ではその限りではありません。ある装置を導入することで、マスクをしなくても快適な環境を保つことが可能です。その装置というのがプラズマ装置であり、2021年1月時点で約700万台もの売り上げを誇っている大ヒット商品になりました。

ここでは簡単にプラズマ装置の特徴と、どのような生活を維持できるのかを見ていきましょう。まずプラズマ装置とは、紫外線と陽電子を発生させられるものです。ウイルスはタンパク質で構成されているため、紫外線を浴びると細胞が崩れてしまいます。この特性を活かして、室内での飛沫感染を予防できるわけです。

新型コロナウイルスは飛沫感染が主な原因なので、マスクで唾液が飛ぶのを防がないといけません。しかし、プラズマ装置を導入すれば空気中に陽電子も放たれるので、飛沫を限りなく予防をして今までの暮らしを維持できることがわかるでしょう。プラズマ装置のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です