Skip to content

プラズマ洗浄装置とは

プラズマ洗浄装置は、主に工業製品で生産されるフィルム類に着いた微細な汚れやゴミなどを除去する装置のことを指します。例えばアルミ箔を生産する際には圧延と呼ばれる工程を何度も行うことで材料を薄くしていきますが、機器の間を通す際に生じる摩擦を低減するために工業用の油を利用します。そうするとアルミ箔には、その工程で生じた油を取り除く必要がありプラズマ洗浄装置を利用することで表面に付着した余分な油を取り除くことが出来るのです。洗浄装置には、いくつか種類があります。

水を用いたウェット洗浄は、水に残油膜を取り除く成分を含んできスプレーで噴射することできれいにする方法です。焼鈍洗浄は高温の熱処理によって脂分を蒸発させることで取り除く方法で、主に機械部品などに利用されています。先ほどのアルミ箔にはこの2つの方法だと、スプレーの水圧によって破れるリスクや熱によって変性するリスクがあるためあまり用いられません。プラズマ洗浄装置では、不活化ガスにプラズマエネルギーを付与することで、微細な油を熱滅させ取り除きます。

分子レベルでの処理のため、大きな熱も発生せず効率的に除去することができるのです。乾燥工程なども必要とせず、ドライ環境で行えるため余計な過程も省けて経済的なのも特徴の1つといえます。アルミ箔に意外にも金箔や各種フィルムにも利用され、素材によって最適な不活化ガスやプラズマエネルギー量も変わってきます。製品を選ぶときは専門の業者に、相談していくと良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です