Skip to content

材料の処理を連続して行うプラズマ洗浄装置

プラスチックや金属にアルミニウムやガラスなどのコーティングに最適な条件を整えるには、大気圧プラズマによるプラズマ洗浄装置なら材料の処理を連続して行えます。プラズマのエネルギー準位は高く材料表面の化学物質や有機物質の構造を選択的に破壊し、超微細クリーニングを利用すれば高感度表面から不要な物質を完全に取り除けます。プラズマ洗浄装置で表面洗浄すると細かい凹凸を洗浄するので材料表面には機械的ダメージはなく、溶剤を使わないため環境にもやさしい処理と言えます。またプラズマ洗浄装置を利用すると添加剤の効果により、初期段階で表面に固く付着した極めて小さい埃の粒子もプラスチックから除去します。

プラズマの効果により基材から粒子を完全に分離するので、自動車業界やモバイル通信業界などで高価な塗装面やコーティングの不良品を大幅に少なくできます。さらにプラズマ洗浄装置はナノレベルの化学物理反応を利用して、精密な設計を施した表面を高品質で生成することがk能になります。そしてプラズマ洗浄装置のメリットをあげると、クリーニング率が100%で水洗浄と比較すると希釈効果がなくその他の消耗品が不要なことです。それから砂ブラスト処理と比較してみると材料構造の先端部だけではなく、表面トポグラフィー全体をクリーニングすることができることです。

他には新たな空間が不要なため製造ラインへのインラインでの組み入れが簡単で、経済性に優れ環境面での効率性に優れた前処理として注目を集めています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です