Skip to content

観光業の未来を担うプラズマ洗浄装置とは

日本をはじめ、アメリカ・イタリア・シンガポールなどの世界各国で今は観光業が低迷をしています。すべては2020年2月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの影響であり、不特定多数が利用するホテルでは徹底した衛生管理を実施しないと営業許可がおりないほどです。国内では半年以上もの休業期間を経たことで、約90万件ものホテル・旅館が閉館へとシフトを切ったほどです。不特定多数が利用することでウイルスの感染リスクが高まるわけですが、そのリスクを最小限に減らす方法はあります。

その方法で注目を集めているのがプラズマ洗浄装置であり、今後は観光業の未来を担うアイテムといえるでしょう。このプラズマ洗浄装置の概要を詳しく見ていくと、陽電子を発生させることで皿やコップなど食器を洗浄することが可能です。ウイルスは陽電子を受けることで細胞単位で消滅をするため、感染リスクを限りなくゼロにできるわけです。プラズマ洗浄装置は大手家電メーカーから販売されており、業界向けの大型装置も取り扱っています。

施設で購入するのが困難という場合は、リースサービスを利用すると良いでしょう。購入する際は1台あたり100万円前後とお高い商品ですが、リースなら月額1万円程度で借りることが可能です。お手入れや清掃も実施されるので、コストパフォーマンスには優れています。プラズマ洗浄装置は、今後も観光業から飲食店などの施設で活用できる商品となっています。

プラズマ洗浄装置のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です