Skip to content

最新鋭のプラズマクリーナーは特定分野では必須です

基盤や電気製品のパーツ類など、精密性のあるパーツから、ある程度のサイズのエレクトロニクスのパーツは、製造後には油分や余計な化学性物質、人の目では確認できないような各種汚れをドライ式でクリーニングすることを必要としています。手作業による洗浄作業では、パーツを損傷させてしまったり、余計な繊維や異物が付着する可能性があるので、この分野ではプラズマクリーナーが活躍をしてます。プラズマクリーナーを製造販売している企業は国内にも多数ありますが、大型機種から卓上型のコンパクト設計の機種まであり、対象となる資材やパーツに対して、洗浄作業を短時間で行うことが可能とされています。プラズマクリーナーは洗浄剤などを使わない方法でクリーニングを施す方法になるので、対象となるパーツ類の表面加工も同時に行えるメリットがあります。

金属だけではなくプラスチックにも対応をしており、微細な汚染物質が付着していても、自動的に全てを綺麗に除去できる能力が特徴です。精密機械を製造する工場での利用の他、歯科クリニックでも殺菌用としてクリニック内で使用する歯科器具や歯科材料もクリーニングできるので、用途の範囲は広がります。プラズマクリーナーを用いる方法で、全ての汚れを取り除くことができますが、パーツによっては処理後に接着作業が必要な事例もあります。この場合でも密着性を持たせられる表面加工を行えるので、製品の品質の向上にもかなりの貢献をする機械器具です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です