Skip to content

飲食業界で導入が進むプラズマ洗浄装置

2020年2月、世界各地で未知のウイルスが猛威を振るうようになりました。感染した方は肺機能が著しく低下をしていまし、酷い場合は命を落とすほどです。日本でも著名な芸能人2名がウイルスに感染して、命を落とされました。このウイルスは新型コロナと名付けられ、2021年1月時点でも毎日2、000人以上の方が国内で感染しています。

世界規模では1億人が感染をしており、未だにワクチンや治療薬が開発されずにいます。われわれにできることは、如何にして感染予防をするのかということだけでしょう。ウイルス感染のおもな原因が飛沫であり、他者の唾液を受けることです。そのため飲食店では徹底した予防策を講じるようにと政府では厳しい指導がなされています。

飲食業をなさっている方には、施設の規模に関係なくプラズマ洗浄装置の導入を推奨しており、今なお購入されていない場合は最大で90パーセントの補助金を申請することも可能です。プラズマ洗浄装置の特徴に至っては、来店客が使用した皿やコップをプラズマ洗浄装置に入れることで殺菌・除菌をおこなうことができます。この装置には陽電子を発生させる機能が備わっており、それを対象物に照射することでウイルスを死滅させることが可能です。これを使用すれば唾液からの感染を防ぐことができるので、飲食業界では早急に導入を急がれているというわけです。

各社メーカーが製造をおこなっており、多くの飲食店に行きわたるように手配をなされています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です