Skip to content

プラズマクリーナーが基板洗浄に適している理由

プラズマクリーナーは様々な物質の効率的な洗浄を行うことができるものと注目されていますが、その中でも特に電子回路を構成する基板の洗浄に非常に適したものとなっています。その理由は基板の特性にあり、表面に電子回路を構成する冊子を接着して製品を製造するものであることからその接着性を高めるために非常に有効な手段となっているためです。従来基板を製造する場合には、表面に適度な凹凸を設け様々な組織を接着する際の接着面のより多くの確保をすることが必要となっていました。洗浄剤を利用し表面をワイヤーブラシでこするのもそのためで、あえて表面に傷をつけ適度に凹凸のある状態にすることで接着面積を大きくすると言う目的を持っていたのが実態です。

しかしこれらの作業は人間の体で行われることが多く、作業者によってその傷の具合が大きく異なるため、場合によっては冊子が十分に接着できずにトラブルの原因となることも少なくありませんでした。プラズマクリーナーはプラズマの原理を利用し表面の有害物質を除去するとともに、基板の表面を活性化することでその表面積を増やすことに成功しています。そのため人間の手で傷をつける場合に比べ均等に凹凸を確保することができ、均一な接着効果を生み出すことができるのが特徴です。作業効率も非常に良いため、プラズマクリーナーを利用した場合には非常に安定性の高い電子回路を構成することができることになり。

製品の歩留まりを高めその品質を向上させることができることから、基板戦場に非常に適したものとなっているのがポイントです、

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です