Skip to content

プラズマクリーナーって何?

プラズマクリーナーという言葉、電化製品などのコマーシャルなどで一度は耳にしたことがある方も多い一方で、このプラズマクリーナーが一体何であるのかを理解している人は、どれくらいいるでしょうか。プラズマクリーナーの大きな特徴は、ガスプラズマの微細加工の効果を利用した働きにあります。これにより低圧の環境下で洗浄対象の表面部分をクリーニングします。量子力学の専門用語で使われる準位は、あるエネルギーをもつ量子の状態を示すときに使用します。

プラズマクリーナーのこのエネルギー準位は高度のため、材料の表面部分の有機物質や化学物質の構造を選び分け破壊することが出来ます。そのためこのシステムを超微細クリーニングに利用することで、高感度の表面部分からも、不要となる物質をそれから完全に取り除くことが可能となります。これまでの洗浄方法では、完全に表面部分の洗浄を行うことはとても難しく、薄い汚染層を残ってしまうのが現実でしたが、プラズマクリーナーの表面のクリーニングをはじめ表面改質や表面処理が実現しました。対象物の表面をガスプラズマ放電に露出させることで、私たちが目に見える油膜はもちろんのこと、目にすることが困難な微細な汚染物質や錆の除去を行います。

また最大の特徴はさまざまな材質の処理が出来る点にあります。金属やセラミックにプラスチックをはじめ、複合材料や高分子にバイオマテリアルなどの、多岐にわたる材質があげられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です