Skip to content

プラズマクリーナーとは

「プラズマクリーナー」とは主にスマートフォンやウェアラブル端末などに、利用される電子部品のチップを洗浄するための機材です。時代と共に小型化がすすむ電化製品は端末に搭載する半導体や電子部品もそれに対応して小型化・集積化が進むため、「プラズマクリーナー」のような細かい部品もクリーニングできる機材が必要となりました。電極間に高周波を印加してプラズマを生成し、低圧環境下で洗浄対象物の表面をクリーニングすることが出来るので、精密な基板表面も汚れと反応させることで洗浄が可能になります。プラズマで表面洗浄を行うこの機材は、材料表面にダメージを与えないだけではなく溶剤を使わないため、環境にもやさしい処理として注目されている機材です。

「プラズマクリーナー」は処理時間を長めに設定しすることで汚れを取りきるという形が一般的でしたが、チップが微細化が進んだ昨今では、汚れている部分だけを必要な量だけ洗浄し改質することが出来るようになりました。コーティングの不良率を下げることができるだけではなく、精密な設計を施した表面を高品質で作り上げることが可能になるため自動車業界やモバイル通信業界などで利用されています。従来の洗浄方法は完全に表面の洗浄を行うことが困難で、薄い汚染層が残ってしまうケースもありましたが、プラズマを使う事で金属をはじめバイオマテリアルなど多くの材質の処理が可能になりました。卓上のタイプは、インプラントの殺菌やマイクロ流体の洗浄にも使われるなど幅広い場所で使われている技術です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です