Skip to content

見えない汚れが取れるプラズマクリーナー

製造工程ではいろいろな汚れが表面に付着します。クリーンルームで製造していたとしても、製造に使う薬剤や油脂分が残留することもあります。そのような汚れにはプラズマクリーナーが有効です。プラズマはエネルギー準位が高い状態で、周辺にあるものから分子結合を断ち切って電子を奪い取ることができます。

奪い去られた分子は分解されて表面から除去されてしまいます。この方法でクリーニングすると、目に見えない汚れまで確実に除去することが可能です。アルミ箔などとても薄くて、負荷をかけるだけで変形や破れるようなものではなかなか表面を洗浄することが難しく、きれいな仕上がりを期待できません。そんな時にプラズマクリーナーを使えば非接触で水分を全く使わないまま、クリーニングができます。

最も大きな特徴は、非接触で作用することで、汚れだけを取り除くことができるので、素材自体に全く変化がありません。プラズマクリーナーなら製造工程でできる薄い油膜も完全に除去することが可能で、見えないレベルの薄いものまで確実に取り除きます。プラスチックの成形に欠かせない剥離剤も問題なく処理することができるので、とても便利です。熱に齢素材であっても、非接触で熱を持っていないプラズマであれば、全く問題ありません。

少し複雑な形状をしていてもチャンバータイプを使えば陰圧でのクリーニングができるので、角や穴の中にある汚れにもプラズマが効果的に作用することができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です