Skip to content

プラズマクリーナーの仕組み

本来プラズマとは、物質がイオンと電子に分かれている状態を指します。自然界ではオーロラや稲妻がプラズマです。人工的にプラズマを発生させるときは、物質をイオンと電子に分けてプラズマを得ることが可能となります。こうして発生させたプラズマを活用するのが、プラズマクリーナーです。

プラズマクリーナーはその性質を活用し、金属やプラスチック上にある有機物質の洗浄を行うことが出来ます。これは、プラズマのもつ性質の中に、他の物質との親和性が高いことから得られる効果です。さらにこの性質は、表面を適度に荒らして他の物質との接着性をアップさせる効果もあります。新たなる接着剤やプライマーとしての効果もあり、物資の表面と新たな化学物質結合を行うことも可能です。

プラズマクリーナーを物質の表面に当てると、表面物質に変化が発生します。表面物質はイオン化され、物質の改善化を行うのです。低温のプラズマには表面処理能力がありますから、汚染物質除去や洗浄・効果改善を行うことが期待されます。この技術はすでにさまざまな場所で利用されており、光学材料や金属、バイオマテリアルに活用され成果をあげました。

現在、プラズマクリーナーは小型化・卓上化が進んでおり、世界中で愛用されるに至っています。研究機関で使用されるような精密機器の洗浄にも使用することが可能で、バイオチップなどの滅菌処理や、計測処理機器の感度向上にも役立ちます。今後もさまざまなシーンで、プラズマクリーナーが使用されることでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です