Skip to content

表面が複雑なものはプラズマクリーナーが便利

プラズマクリーナーはプラズマを利用して表面のクリーニングを可能にする装置です。従来の洗剤や液体を使うような方法と違って、効率を維持して処理することができるのでとても便利です、特に表面が複雑な基板や半導体などの電子部品には最適です。集積率が上がると、その表面は複雑になっていきます。表面をきれいにしたくても、従来の方法では完全にきれいにできないことや残留物があって、逆に汚してしまう恐れもあります。

プラズマクリーナーなら、非接触で汚れを取ることができるので、複雑な表面のものでも安心して使うことができます。特に隙間が小さすぎて何も入らないようなところに有効です。それはプラズマの特性によるもので、発生している間、周辺にある有機物を分解し、引き込むことで除去することができます。素材自体に触れることがないので、無理な負荷で傷つけるようなことがありません。

プラズマクリーナーはガスなどに過電圧をかけてプラズマを発させて、利用します。除去したものもゴミとして溜まるわけではないので。メンテナンスも簡単です。特に基板のような表面に細かなホールがあったり、いろいろな部品がついているような場合は、なかなか簡単位はクリーニングすることができません。

ホールは無数に空いているので、ひとつひとつをブラシなどできれいにすることは困難で、時間がかかって今います。プラズマなら負荷をかけないで汚れが自然と浮き出すため、安心して利用することができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です