Skip to content

ドライなプラズマクリーナー

素材の表面をきれいにする方法はいろいろありますが、特性によって適用できるものとできないものに分かれます。最も注意すべき点は、処理方法がウエットかドライかと言うことです。ウエットとは、液体などを使う方法で、クリーニングの後で拭き取るか乾燥させる必要があります。拭き取る場合に注意しなければいけないのが、素材への負荷と残留物です。

素材が細かな構造だったり、繊細なものだった場合、負荷がかかることで変形してしまいます。また拭き取ったあとで繊維などが残ってしまうこともあります。プラズマクリーナーはドライな環境でクリーニングできるので、このような心配がありません。繊細な表面でも触れることなく、汚れを分解して剥がすことができるので安心です。

濡れるようなことがないので乾かす工程が不要で、そのまま次の工程に進むことが可能です。プラズマクリーナーを使えば効率を下げることなく、工程を進めることができます。つまりクリーニングによって発生する新たな処理がありません。精密な条件を満たさなければならないような時でも、十分品質を満たすことができます。

液体によるクリーニングでは、廃液などの処理も気にしなければいけません。場合によっては専用の貯蔵タンクなどを用意しなければならないこともあります。プラズマクリーナーならそのような心配をする必要がありません。消耗品交換や洗浄液の浦樹なども不要です。

メンテナンスが少なくて済むのもメリットの一つです。プラズマクリーナーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です