Skip to content

表面前処理はプラズマクリーナー

クリーニングと言うと洗浄剤などを利用して表面の汚れを取り除く作業などがありますが。電子製品や表面加工の現場ではそのようなことができません。微細な条件を要求される環境では、水だけでも汚れにつながることがあります。また乾燥を必要とする工程は、処理時間を無駄に長引かせる原因となります。

プラズマクリーナーを使うと、そのような問題がないので安心です。プラズマクリーナーはプラズマを利用した洗浄機のことで、表面をきれいにすることに利用されます。発生させたプラズマによって周囲の汚れを取り除き、素材に影響を与えません。その対象は分子レベルで微細な汚れを素材に負荷をかけずに取り除くことができます。

基板の製造工程中に発生する保護膜などの除去も可能です。半導体のウェハなどとても微細な表面でも問題なく利用できます。特にメッキの前処理に適していて、高品質の表面クリーニングを行い、メッキ面を密着しやすい状態に変えることが可能です。表面のコーティングは汚れの有無が大きく影響してしまいます。

少しでも残っているだけでそこから不良が発生する恐れがあります。特に高集積な状態のものであれば、微粒なものでも大きな問題になるかもしれません。プラズマクリーナーならそのような汚れを除去して、コーティングしやすい条件を作り出すことが可能です。製品不良を少しでも少なくしたいと考えるのであれば、プラズマによるクリーニングを検討することが必要です。

プラズマクリーナーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です