Skip to content

プラズマクリーナーで表面処理

プラズマクリーナーは表面処理に適した洗浄機です。工程中に導入することで効率を下げずに素材の表面を処理することが可能です。プラズマを利用しているのでドライな環境で洗浄を行うことができるので、洗浄液や乾燥処理、廃液などを気にする必要がありません。微細な構造のものであっても問題になりません。

特に小さなホールを持つような基板でも内部にある汚れを除去することが可能です。プラズマクリーナーの原理は、気体に強い電圧をかけてプラズマを発生させます。発生したプラズマは分子的に不安定な状態になっているため、周辺にある物質を分解して取り除きます。擦ったり、剥がしたりするのではなく、汚れ自体を分解できるので素材に与える負荷がほとんどありません。

表面の高精度な清浄を行うことができるので、仕上がりに大きく影響します。特に高感度が重要な表面の処理には欠かせないクリーナーです。プラズマクリーナーのメリットは、高い洗浄力だけではありません。プラズマが汚れをとる時に素材表面にも働きかけて高密着な状態に仕上げることができます。

コート剤を施す時に、密着しやすくなるので強いコーティングが実現できます。これによって高い耐久性を実現できるので、製品の品質に大きく影響があるでしょう。小型化が進む電子機器においては少しの汚れが不具合につながります。またコーティングの品質によって製品寿命も変わってきます。

より良い仕上がりを期待するならプラズマクリーナーが欠かせません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です